Webコンサルとは|仕事内容を徹底解説!フリーランスや個人も活躍可能

Webコンサルとは|仕事内容を徹底解説!フリーランスや個人も活躍可能

スマートフォンなどが普及したことにより、常にインターネット環境がある現在では、簡単にWebサイトを閲覧できるようになり、Webサイトから情報を発信、取得することが増えてきました。

そのため、Webサイトの重要性が高まり、Webサイトのコンサルティングを行うWebコンサルが注目を集めています。

起業家

そこで、今注目されているWebコンサルについて紹介します。

Webコンサルとは?

Webコンサルとは、Webサイトに関してコンサルティングを行います。

つまり、クライアントが抱えるWebサイトに関する悩みや課題について、原因の追及や解決策案、戦略の提案を行うことで、より効果的で、集客力のあるWebサイトを製作、運用するサポートを行います。

Webコンサルの業務内容とは

では、実際にはどのような業務を行なっているのか、詳しく紹介していきます。

  • Webページの製作、改修、運用、集客
  • SEO対策
  • 広告運用
  • アクセス数などのデータ分析からの効果検証

Webコンサルでは、戦略、計画を立て、これらの業務を行なっています。

Webページの製作、改修、運用、集客

クライアントの悩みや課題に合わせたWebページの製作や改修のサポート、運用や集客までWebページに関する様々なアドバイスを行います。

クライアントの課題を解決し、強みを活かしたWebページを製作し、クライアントの収益に直結するようにサポートを行います。

SEO対策

Webコンサルが行う業務の中でも特に代表的なのが、SEO対策です。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では検索エンジン最適化という意味になります。

SEOは、自身のWebページをGoogleなどの検索エンジンの検索結果上位に表示させるテクニックです。

面談

何か調べ物をするときに、検索して、一番上に出てきたサイトを見ることが多いと思います。

このように検索結果上位に表示されることで、アクセス数が増えるため、自身のことを知ってもらえる機会が増え、収益向上へとつながります。

検索結果の1ページ目に載るのと2ページ目に載るのとでは、アクセス数に大きな差が生じます。

そのため、Webコンサルでは、SEO対策を行うことで効果的なWebサイト運営をサポートしています。

広告運用

主な広告運用には、リスティング広告やSNS広告などがあります。

リスティング広告とは、検索した際に、検索結果の一番上にある広告のことで、広告の審査さえ受かれば、自身のWebページを検索結果の最上位に表示することも可能となります。

リスティング広告は、簡単に広告文やキーワードを変えられるため、その時々に合わせて内容を変えることで、最大の効果を生むため、こまめな運用が必要になります。

グラフ

SNS広告で特に有名で多いのが、Facebook広告です。

Facebook 広告は、その名の通りFacebook内で表示される広告のことで、Facebookの膨大な情報を元に、ターゲットを細かく絞り、広告を出せるため、ピンポイントに無駄なく、効果的な広告を出すことができます。

Webコンサルは、クライアントのことを多くの人に知ってもらうため、効果的な広告を打ち、運用していく必要があります。

アクセス数などのデータ分析からの効果検証

アクセス解析ツールなどから得られる訪問数や経路、どんな人物が訪れたのかなどのアクセスデータを活用し、表面的なデータから分析・考察を行います。

どのようにしたらもっとアクセス数が増えるのか、より多くの人に知ってもらえるのか、Webページ運用の際の課題を見つけ、論理的観点から解決作を導き出すことが求められます。

Webコンサルの年収事情とは?

Webコンサルの年収は、業態によって大きく変わります。

相場は、700万ほどですが、会社によっては、平均年収が1000万円を超える会社や独立して何千万も稼ぐ人もいます。

給料

現代においては、Webコンサルは、需要が高く、とても魅力的がある職業となっています。

Webコンサルになるには?

Webコンサルには、誰でもなれます。つまり名乗ってしまえばWebコンサルタントです。

しかし、Webコンサルとして活躍するためには、サイト分析やSEOなどの知識、実際にWebページを製作、運営し、収益を上げた経験などが必要になります。

Webコンサルにおすすめの資格

Webコンサルに必要な資格はありませんが、自信がやりたいことに関する資格は持っておいて損はありません。

資格を持っているから、Webコンサルとして活躍できるわけではありませんが、自身のスキルアップのためやクライアントからの信頼を得るためにも資格は、持っていたほうがいいです。

資格勉強

特におすすめの資格は、Googleアナリティクス個人認定資格です。Googleアナリティクス個人認定資格は、ある一定のGoogleアナリティクスの習練度を保証する資格です。

Googleアナリティクスとは、Googleが提供するアクセス解析ツールで、対象のWebサイトの訪問数やどこから訪れたのか、どのデバイスを利用しているかなど自身のWebサイト訪問者の動向がデータとして計測することが可能になるツールです。

このGoogleアナリティクスは、Webコンサルをする上で、必ずと言ってもいいほど利用します。

Googleアナリティクス自体は、簡単に利用することはできますが、Webコンサルをする上では、より深く、Googleアナリティクスの利用法を理解する必要があるため、Googleアナリティクス個人認定資格をとることをおすすめします。

Webコンサルに求められるスキル

論理的思考能力

やはり、コンサルタントとして必要なのが、論理的思考能力です。

クライアントのWebサイトの問題点や課題を見つけだし、論理的な解決方法を提供し、クライアントをサポートする必要があります。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力もコンサルタントにとって必要なスキルとなります。

クライアントがどのような悩みや課題を持っているのかうまく聞き出したり、クライアントも気付いていない課題を話し合いの中から見つけ出せるようなコミュニケーション能力が求められます。

ベンチャー

クライアントの話をうまく聞き出すことで、クライアントへの理解も深まり、クライアントに最適で最大の価値を提供することが可能となります。

また、Webページを製作するには、エンジニアやライター、デザイナーなどあらゆる業界の専門家に仕事を依頼することもあるため、自身の考えをうまく相手に伝えることのできるコミュニケーション能力も必要になります。

Web知識

Webコンサルには、幅広いWeb知識が必要となります。

先ほども紹介したSEOや広告に関する知識、業界の移り変わりが激しいWeb業界の最新の情報など常に、新しい知識が必要になります。

そのため、情報に敏感になり、学び続ける必要があります。

Webコンサルに転職するのにおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本最大級の転職エージェントとなっています。実績・求人数の面で業界トップクラスの転職エージェントであることは疑いの余地がありません。

また、企業情報や面接対策など転職サポート面でも充実しています。コンサル業界においては専門部署やコンサル業界に精通したアドバイザリーがいるため、コンサル業界に転職したいと考えてる方とっても安心です。

>>リクルートエージェントに登録する

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、Webコンサルの主な仕事内容を中心に紹介しました。

現在では、WebなどのインターネットやIT、デジタルはとても注目されています。

その時代の中で、Webコンサルという仕事は、大変魅力ある職業となっているので、興味がある方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

>>副業コンサルが超おすすめ|副業月収100万超えの実話あり

文:Agenda編集部