コンサルタントに必要なスキルセット・能力一覧【2021最新版】

コンサルタントに必要なスキルセット・能力一覧【2021最新版】

最近人気の職業として、コンサルタントが注目されています。

しかしコンサルタントと聞くと、なるのはとても難しく、求められるものも多いイメージがあります。

そこで今回は、実際にコンサルタントに必要になるのはどのようなスキルセット・能力なのか、紹介していきます。

>>ネオキャリア第2新卒エージェントneoに登録したい方はこちら

また、以下関連記事を載せておきますので、ぜひご覧ください。

コンサルタントに必要なスキルセット・能力とは?

コンサルタントにはコンサルティングを行う上で、様々な能力やスキルが求められます。

代表的なもので言えば、論理的思考能力などがあります。

最初からコンサルで通用するような能力やスキルを持っている人はほとんどいません。

実際にコンサルティングを行いながら、能力やスキルを習得していきます。

資格勉強

コンサル業務は、とても激務なため他の業界よりも早くビジネススキルが身につくと言われています。

では、実際にどんな能力が必要なのか、コンサルに必要なスキルセット・能力を紹介していきます。

>>実績豊富なリクルートキャリアに無料登録したい方はこちら

コンサルに必要なスキルセット・能力その1:プロフェッショナルである意識

クライアントに最大の価値を提供するためには、プロフェッショナルである意識が必要となります。

高い意識や基準、責任感を持つことで、常に最高のパフォーマンスを発揮することができます。

新人でもベテランでも、クライアントからすれば同じコンサルタントです。

新人にとって失敗はつきものですが、何でもかんでもが許されるわけではありません。

コンサル歴に関係なく、コンサルタントなんだという高い意識を持つことが重要になります。

>>英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】に無料相談したい方はこちら

コンサルに必要なスキルセット・能力その2:論理的思考能力(ロジカルシンキング)

論理的思考能力は、コンサルタントにとって、切っても切り離せないとても重要なスキルセット・能力になります。

コンサルタントに必要な能力と聞いて、1番にイメージする能力といっても過言ではありません。

個人コンサル

コンサルに必要な論理的思考能力とは、クライアントクライアントの課題について筋道を立てて明確化し、どうしてそうなるのかつながりを持ってクライアントにわかりやすく、納得のいく解決策を提案できる能力などのことを言います。

論理的思考能力は、実務で鍛えていくこともできますが、対策本なども発売されているので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、面接でもこの点はケース面接という形で試験されます。

以下の記事ではケース面接に関する記事を載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

コンサルに必要なスキルセット・能力その3:コミュニケーション能力

コミュニケーション能力もコンサルタントにとって外せないスキルセット・能力となります。

コミュニケーション能力は、もちろん話すのがうまいという能力も含みます。

しかし、コンサルタントに必要なコミュニケーション能力としては、クライアントと会話をし、抱えている課題は何か、しっかりと間違いなく理解できる能力や解決策を伝える際に、自身の考えを誤解なく伝えられるような能力も含みます。

またクライアントとだけでなく、チームやチーム外のメンバーとの情報共有や意見交換なども含まれます。

コミュニケーション能力に関する記事を以下載せておきますので、ぜひご覧ください。

コンサルに必要なスキルセット・能力その4:資料作成スキル

コンサルタントには、パワーポイントやエクセル、ワードなど資料作成スキルが必要になります。

特に、入社したてのころは、上司に情報をまとめた資料を作ってと頼まれます。

グラフ

ただ資料を作るのではなく、見る人全員が見やすいと感じ、理解しやすい資料を作らなければいけません。

資料作成スキルに関しては、事前に習得しておいた方がいいでしょう。

以下、資料作成に関する記事を載せておきましたので、ぜひご覧ください。

>>実績豊富なリクルートキャリアに無料登録したい方はこちら

コンサルに必要なスキルセット・能力その5:体力

体力は、意外と忘れられがちですが、コンサルタントに必要になります。

体力にも肉体的体力と精神的体力があります。

肉体的体力は、コンサル業務がとても激務であり、長時間働いても耐え抜くために必要です。

チーム

精神的体力は、膨大な量のコンサル業務に心がついていけるのか、上司に強く詰められても、負けずにやり遂げるために必要になります。

コンサルタントは、頭を使う仕事だと思われがちですが、体力もなければ続けていくことはできません。

>>日本最大級のスポットコンサル「ビザスク」に無料会員登録したい方はこちら

コンサルに必要なスキルセット・能力その6:洞察力・観察眼

コンサルタントには、常に先を読みながら行動することやあっと言わせるような気づきを見つけることも必要になります。

常にアンテナを貼り、なぜそのようになるのか常に考えながら物事を見る洞察力や観察眼が必要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、コンサルタントに必要なスキルセット・能力について紹介しました。

コンサルタントに必要なスキルセット・能力一覧は以下のようになります。
・プロフェッショナルである意識
・論理的思考能力(ロジカルシンキング)
・コミュニケーション能力
・資料作成スキル
・体力
・洞察力・観察眼

上記だけが全てではありませんが、コンサルタントとしてやっていくには、今回紹介したスキルセット・能力がとても重要になるでしょう。

加えて、英語力などもあると幅広い案件での活躍の幅が広がるので、ぜひ身につけてください。

>>外資転職に強いJACリクルートに無料相談したい方はこちら

コンサル業界を志望する方へ

コンサル業界を目指している方には、就職・転職エージェントをおすすめします。

コンサル業界に入るためにおすすめの転職エージェントは、コンサルスキル養成所として話題をよんでいる『STRATEGY:BOOTCAMPやコンサル業界専門の転職エージェント『アンテロープです。

また他にも、国内最大級のネットワークで信頼性の高いリクルートエージェントや20代の方におすすめのネオキャリア第二新卒エージェントneoなども良いでしょう。

フリーランス向け月額100万円以上のコンサル案件紹介サービスで実績を作ってから転職活動をするという戦略で成功している方もいます。

就職活動や転職活動は1人で行うと情報を集めるのも大変ですし、自分自身の評価も客観的に見ることができず、大変です。

大切なことはまずは行動をしてみることであるため、自分にあったサービスを探して、エージェントの力も借りながら、二人三脚で活動してみてください!

また、コンサル業界への転職におすすめなエージェント紹介の記事を参考に、自分にあったサービスを探してみてください。

>>ネオキャリア第2新卒エージェントneoに登録したい方はこちら

>>リクルートエージェントに登録したい方はこちら

文:Agenda編集部