【解説】コンサルタントとは?意味や3つの仕事内容を紹介!!

【解説】コンサルタントとは?意味や3つの仕事内容を紹介!!

コンサルタントという言葉を聞いた際、どのようなイメージを思い浮かべますか?

直訳するとコンサルティングをする人という意味ですが、そもそもコンサルティングという仕事の定義が曖昧なのが現実です。

この記事ではコンサルタントの意味や実際に行う3つの仕事内容を紹介していきます。

この記事を読んで、コンサルタントについて完璧に理解しましょう。

コンサルタントとは?意味を解説

コンサルタントとは経営コンサルタントのことを指す場合が多いです。

経営コンサルタントは企業のお医者さんとも称され、様々な場面で企業の困りごとを解決する役割をもつ仕事をしています。

医者

企業のお医者さんである経営コンサルタントの使命を簡単に言うと、企業に利益をもたらすことです。

利益の源泉である売上を伸ばすことはもちろん、コストを削減するようなプロジェクトもコンサルタントが担います。

以下では、経営コンサルタントの主な仕事内容をご紹介していきますが、コンサルタントには様々な種類があります。

より詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

コンサルタントの3つの仕事内容

そんな経営コンサルタントの具体的な仕事内容は、限られた優秀な人材しか働くことができないゆえ、意外と知られていないものです。

しかし、経営コンサルタントの仕事内容は、大きく分類すると至ってシンプルな3つの仕事に分けられます。

具体的に3つの仕事内容をご紹介しましょう。

コンサルタントの仕事1:売上を上げる

コンサルタントの仕事の中で最も重要と言えるのが、この「売上を上げる」プロジェクトでの活躍です。

クライアントのビジネスの全体像を理解した上で、競合企業の状況や、クライアントの先にいるエンドユーザー顧客に思いを馳せながら、クライアントの売上につながる施策を立案・実行していくことが求められます。

上矢印

 

この売上を上げる仕事には、売上の源泉を獲得するためのM&Aの支援や、新規事業の立ち上げ支援、既存事業のマーケティング戦略の立案支援など、様々な種類のプロジェクトがあります。

クライアントとともに新たな戦略を練っていく仕事は、非常にやりがいがあり、楽しいプロジェクトです。

しかし、結果を出すのも難易度が高く、ハイレベルなスキルが求められることが多いのも特徴です。

コンサルタントの仕事2:コストを削減する

もう一つ、あまり表に出ることは無いですが重要な仕事があります。

それがクライアントの“コスト削減”をサポートする仕事です。

クライアントのビジネスの収益を拡大していくためには、売上を上げるばかりではなく、コストを下げることも重要になります。そんなコストの削減をサポートするのもコンサルタントの大切な仕事の一つ。

コスト削減

具体的には、システム導入の支援、最適な人員配置等の人事戦略策定支援、コスト過多になっている事業の売却サイドのM&A支援などがプロジェクトの代表格でしょう。

短期的に利益を上げるためには、コストカットが売上増加の案件よりもクライアントにとっては成功確度が格段に高いでしょう。

成果が削減された数字という、すぐに目に見える形で現れるため、一般的にクライアントもコンサルタントにフィーを支払いやすい領域です。

コンサルタントの仕事3:案件を獲得する

最後に一つ、これがなければコンサルタントの価値を提供できない、大切な仕事が“案件の獲得”です。

クライアントから相談される案件がなければ、売上の増加の支援も、コスト削減の支援もできません。

コンサルタントが担う大切な仕事の一つが案件獲得(営業・提案)なのです。

プレゼン

一般的なコンサルティングファームでは、マネージャークラスから案件獲得に向けた営業・提案活動がコンサルタントに求められます。

綿密なコミュニケーションにより、クライアントのビジネス上の課題を正しく理解し、正しい解決策(プロジェクト内容)を検討し、必要な体制づくり(チーミング)を実施して、クライアントにとって納得感のある価格での提案をする必要があります。

クライアントに寄り添うコンサルタントが人気を博する昨今、営業・提案活動ができる人材は、非常に市場価値が高く、年収も1,000万を超える人材が多くなっています。

年収1,000万のコンサルタントになる方法!

企業のお医者さんとして、クライアントの売上増加、コスト削減をサポートしながら、企業価値の最大化を目指すコンサルタント。

コンサルタントになるのは難易度が非常に高いですが、絶対にコンサルタントになるんだ!という強い意志を持てば、中途採用は新卒採用よりも門戸が開きやすいです。

ただし、転職活動には力強いサポーターが必須になるので、コンサルタントを目指す方はハイクラスに特化したエージェントに数多く出会える転職支援サービスに登録してみるのがおすすめです。

元気な女性社員

在籍年数やボーナスによっては年収が1千万を超えます。NRIに転職したい場合は、まずは転職エージェントに問い合わせてみましょう。

誰にでもおすすめできるのが、国内最大級のネットワークで信頼性の高いリクルートエージェント

あなたが20代の場合はネオキャリア第二新卒エージェントneoなども良いでしょう。

フリーランス向け月額100万円以上のコンサル案件紹介サービスで実績を作ってから転職活動をするという戦略で成功している方もいます。

大切なことはまずは行動してみることです。

以下では、コンサル転職に関する記事を載せておいたので、転職してみようと思った方は以下の記事をご覧ください。

まとめ

コンサルタントは企業のお医者さんとして、①売上増加、②コスト削減、③案件獲得を日々行っています。

コンサルタントって知ってる?と聞かれた、「もちろん」と答えて、この記事の内容を説明しましょう!

>>コンサルタントの1日のスケジュールを紹介

>>コンサルタントのスタート地点“アナリスト”の仕事内容とは

>>コンサルタントが働く職場の雰囲気は?

文:Agenda編集部