三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)とは?年収・プロジェクト事例を紹介

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)とは?年収・プロジェクト事例を紹介

三菱UFJファイナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームである三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)。そんなMURCの秘密に迫ります。

MURCの歴史やプロジェクト事例、気になる年収水準や教育制度などを確認していきましょう。

MURCの歴史/沿革

MURC

1979年7月に株式会社東銀リサーチインターナショナル設立(2000年1月に株式会社東京リサーチインターナショナルに社名変更)。

1979年9月に株式会社セントラル経営センター設立(1988年10月に株式会社東海総合研究所に社名変更)。

1980年にダイヤモンドセミナー株式会社設立(1985年6月にダイヤモンドビジネスコンサルティング株式会社に社名変更)。

1985年10月に株式会社三和総合研究所設立。

2002年4月に株式会社三和総合研究所と株式会社東海総合研究所が合併し、株式会社UFJ総合研究所に社名変更。

2006年1月に株式会社UFJ総合研究所、ダイヤモンドビジネスコンサルティング株式会社、株式会社東京リサーチインターナショナルが合併し、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が発足。

現在では従業員数約850名を抱えるコンサルティングファームとなっています。

MURCの強み

契約成立

MURCの強みとしてまず、MUFGのシンクタンク・コンサルティングファームである点が挙げられます。従業員数約850名、売上高170億円超は日本のシンクタンク・コンサルティングファームとしてはトップクラスとなっています。MUFGのグループ各社と連携し、幅広い実務経験や知見をもとに最適なソリュージョンを提供しています。

社内にも様々な分野で活躍するコンサルタントや研究員に加え、エコノミストや法律・税務・財務・貿易実務まで高度な専門性を有する多彩な人材が所属しています。部署や地域を超え、クライアントのサポートをしています。

またMURCは東名阪以外にも国外にインドネシアやタイ、ベトナムにも拠点を持ち、グローバル戦略の企画から実務レベルまでをサポートしています。

MURCのプロジェクト事例

サービス:企業

経営戦略、業務改革・ICT・ESG、組織・人事戦略・人材育成、グローバルビジネス

サービス:官公庁

環境・資源・エネルギー、防災・BCP、食産業・農林水産業、観光、国土政策/都市・地域政策、交通・運輸・物流、開発援助政策・通商政策、公共経営、経済・産業・雇用労働、官民協働、社会政策、共生社会

MURCの役職と年収

給料

ビジネスアナリスト:約450~550万円
アソシエイト:約500~650万円
コンサルタント:約600~900万円
シニアコンサルタント:約800~1,000万円
チーフコンサルタント:約1,000~1,300万円
プリンシパル:約1,300万円~

MURCのキャリアパス

ビジネスアナリスト

プロジェクトの一員として情報収集やデータ分析、資料作成等の業務を行います。プロジェクトの業務を経験することでコンサルタントとしての基礎的なスキルを身に付けていきます。

アソシエイト/コンサルタント

プロジェクトの一員として自ら担当の分野について仮説や作業計画を進めていく自律的な行動が求められます。またプロジェクト内のサブリーダーなどを務めます。

シニアコンサルタント

プロジェクト全体を自ら運営し、プロジェクトの受注から実施、完了後の顧客フォローまで推進していく力が求められます。またプロジェクトだけでなく、執筆活動や講演など「コンサルタントとしての情報発信」などの役割を務めます。

チーフコンサルタント

高い専門性を持ち、プロジェクトのマネジメントや新規案件を獲得する能力が求められます。また講演や出版、メディアへの出演などMURCのブランディングへの貢献が期待されます。

プリンシパル

会社の代表として一定規模以上の受注を獲得する実力が求められます。またチームのマネジメントを担い、メンバー育成や組織の受注力・生産性向上の施策を立案・遂行などが求められます。

MURCの研修制度

ホワイトボード

入社当初は新入社員導入研修やキャリア入社者導入研修でプロフェッショナルとしての業務遂行上のベースとなるスキルや姿勢を学びます。第一戦級のコンサルタントによる一般的な仕事の進め方やコンサルティング業務に必要となるコンサル・リサーチ基礎スキルが学べます。

またMURCのマクロ経済、政策、コンサルティング等の幅広いフィールドを活かした、部門・組織を超え、専門領域の異なる社内の講師や受講者から新たに学びや刺激を受けれる階層別研修などがあります。

MURCの代表的出身者

水谷研治氏

1956年名古屋大学経済学部卒業後、東海銀行に入行し、支店長や調査部長、専務取締役を歴任。1993年に株式会社東海総合研究所(現MURC)に入社し、取締役社長や会長を歴任。その後は中京大学名誉教授や東京福祉大学大学院教授に就任。

嶋中雄二氏

1978年に早稲田大学卒業後、三和銀行に入行。1983年に退職し、フランスのリヨン経営大学院に留学し、1986年には早稲田大学大学院経済学研究科修士課程を修了。その後日本経済研究センター研究員やMURCの投資調査部長兼主席研究員、三菱UFJ証券参与景気循環研究所長、三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所長を就任。

MURCに転職するには

コンサルタント転職対策

MURCではコンサルタントに求める素養として以下の5つを求めています。

探究心・好奇心

幅広い知識が必要なコンサルタントには、自身が知らない業界や仕事について興味を持って学べる探究心や好奇心が求められます。

論理性

コンサルタントとして多くの情報を整理・分析し、本質を見抜くなどの基本的な付加価値を提供するために論理的思考が必要です。

創造性

クライアントの気づかない盲点を指摘し、解決するための豊かな発想力が求められます。

対人感受性・顧客志向性

プロのコンサルタントとして常にクライアント・ファーストであり、クライアントのニーズを敏感に感知することが求められます。

情熱

コンサルティング業務というハードワークをこなしていくために、「社会やクライアントのために」という情熱が必要になります。

探究心・好奇心、論理性、創造性、対人感受性・顧客志向、情熱を高めることがMURC転職への近道となりそうです。

MURCのまとめ

いかがでしたでしょうか。MURCは日本を代表するシンクタンク・コンサルティングファームとしてあらゆる企業から信頼を得ています。

在籍年数やボーナスによっては年収が1千万を超えます。MURCに転職したい場合は、まずは転職エージェントに問い合わせてみましょう。

誰にでもおすすめできるのが、国内最大級のネットワークで信頼性の高いリクルートエージェント

あなたが20代の場合はネオキャリア第二新卒エージェントneoなども良いでしょう。

フリーランス向け月額100万円以上のコンサル案件紹介サービスで実績を作ってから転職活動をするという戦略で成功している方もいます。

大切なことはまずは行動をしてみることであるため、自分にあったサービスを探してみてください。

文:コンサルAgenda編集部