コンサルに転職して失敗する代表的な3つのケース

コンサルに転職して失敗する代表的な3つのケース

コンサルタントは、とても人気の職業となっています。

コンサルへの転職を望む方は多く、コンサルタント専門の転職エージェントも存在します。

コンサルタントに転職に成功できれば、やりがいもあり、高年収の仕事を得ることができます。

一方で、コンサル転職に失敗するというケースも多々あります。

そこで今回は、コンサルに転職して失敗する代表的な3つのケースや転職失敗を防ぐために考えておくことを紹介します。

コンサルに転職して、失敗や後悔することはあるのか?

コンサルタントは、やりがいがあり、年収も高いため、転職先として、とても人気がある職業です。

しかし、転職する際は、しっかりと考えてから転職しなければいけません。

ちょっとした勘違いやリサーチ不足で、転職に失敗し、後悔するケースは、よく聞く話です。

例え、トップ外資コンサルへ転職ができても、全員が全員成功するわけではありません。

疑問

実際に、外資コンサルに転職を強く望んでいた方でも、働き方が合っていないなどで、半年経たずに辞めていく方もいます。

コンサル転職の失敗は、転職する際に、どこに行きたいのか、何がしたいのかしっかりと考えることで、防ぐことができます。

そこで今回は、実際にどのようなケースが転職に失敗するのか、転職する際に考えておくことを紹介します。

コンサルへの転職に失敗し、後悔するケースその1:転職先の下調べを充分にせずに転職する

転職に失敗し、後悔するケース1つ目は、転職先の下調べを自身で充分に行わなかったケースです。

転職する際に、知人の話を参考にしたり、転職エージェントを活用するという方は、多くいると思います。

特に、転職エージェントは、経験豊富なキャリアコンサルタントが自身に合った転職先を紹介してくれたり、転職活動のサポートをしてくれるとても頼りになる存在ではあります。

しかし、他人に頼りすぎてはいけません。

やはり、他人が感じることと自身が感じることは違うため、いくら仲の良い知人が良いと言っていても自身には、合わない可能性もあります。

そのため、ホームページや本、雑誌、記事など調べられるものは、できる限り自身で調べるということが大事になります。

コンサルへの転職に失敗し、後悔するケースその2:コンサルタントという職業をしっかり理解せずに転職する

コンサルタントという職業は、年収が高いことで知られています。

確に高年収は、とても魅力的ではあります。

給料

しかし、コンサルタントという職業の大変さをしっかり理解せず、高年収というだけで、転職する方は、特に転職に失敗するケースが多いです。

いくら年収が高くても、続けられなければ元も子もありません。

コンサルタントという職業は、働く時間も長く、大きなプレッシャーもかかります。

年収だけをみるのではなく、コンサルタントがどのような仕事をしているのか、しっかりと理解した上で転職することをおすすめします。

コンサルへの転職に失敗し、後悔するケースその3:企業イメージだけで転職する

転職するコンサルを選ぶ上で、やはり大手や外資系コンサルに転職したいと思う方は多いと思います。

やはり、大手や外資系コンサルに転職できれば、モチベーションは上がりますし、やりがいもあり、高年収も望めるため魅力的に感じます。

チーム

しかし、企業やブランドのイメージだけで転職することを決めてしまうと、実際に転職した際に、想像以上にハードな上に、自身がやりたかったこととは違うということになりかねません。

大手や外資コンサルではなくても、実績を作り、マネジャーやパートナーなど役職をあげれば、年収1000万円越えも夢ではありません。

転職する際は、企業イメージやブランドイメージに捉われず、自身が本当にやりたいことはなんなのかを考えることが大切になります。

転職する際に考えておくこと:自身が本当に行きたい会社どこなのか

前述では、転職に失敗するケースを紹介しましたが、実際に、転職する際にどのようなことを考えて転職すれば良いのか、ここで紹介します。

まず1つ目が、自身が本当に行きたい会社はどこなのかということについて考える必要があります。

企業イメージやブランドイメージ、年収などで選ぶのも1つの選択肢ではありますが、前述した通り、転職に失敗するケースが多いです。

社内MTG

そのため、転職して自身が何がしたいのか、そしてしたいことを叶えられる会社はどこなのか、しっかり判断して転職先を選ぶ必要があります。

また、転職エージェントを活用した際に、キャリアコンサルタントの方に、会社を紹介してもらえます。

その際に、しっかりと自身がどのような会社に行きたいのか、しっかりと伝えていくことも転職を成功に導きます。

転職する際に考えておくこと:転職後にどんなことがしたいのか考える

転職する際に考えておくことの2つ目が、転職後にどんなことがしたいのか考えるということです。

転職に失敗するケースで多いのが、転職をしたは良いものの、これから何がしたいのか分からずに、モチベーションが上がらずに、充分に力を発揮することができず、会社を辞めることになるというケースです。

やはり、自身がしたいことがないと、何をすれば分からなくなり、非合理的になりがちです。

常に学び、成長や成果を求められるコンサルタントにとって非合理的時間は、致命傷となってしまいます。

転職後、スタートダッシュができるように、転職する際は、転職後どんなことがしたいのか、あらかじめ決めておくことが重要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、コンサルに転職して失敗する代表的な3つのケースについて紹介しました。

コンサル転職に失敗するケースとしては、転職先の下調べをせずに転職する、コンサルタントという職業をしっかり理解せずに転職する、企業イメージだけで転職するの3つです。

コンサル転職の失敗は、転職する際にどのような会社に行きたいのか、転職後どのようなことがしたいのかしっかりと決めておくことで防ぐことができるため、自身が何をしたいのかしっかり決めておくことが大切になります。

文:Agenda編集部