コンサルタントの求人を探す、たった5つのステップ

コンサルタントの求人を探す、たった5つのステップ

近年注目されているコンサルタント。

しかし、コンサルタントがどんな職業なのか、なりたいけどどのようにして求人を探せばいいのか、知ってる方は少ないと思います。

そこで今回は、コンサルタントの求人を探す、たった5つのステップを紹介していきます。

コンサルタントについてやおすすめの転職支援サービスについても紹介します。

コンサルタントってどんな職業?

会議

コンサルタントは、企業や個人が抱える課題を明らかにして、解決へと導くことを職業としています。

コンサルティングを行い、クライアントにいかに儲けさせるか、それがコンサルタントの全てとなります。

コンサルタントとしてコンサルティングを行うのに資格は特に必要はないため、名乗ろうとすれば誰でもなることができますが、信用を得る場合や高収入を目指すなら、それなりの経験や知識が必要になります。

コンサルタントとしての働き方には、コンサルティングファームに所属するという働き方とフリーランスでコンサルタントをするという働き方があります。

フリーランスであれば、自身の自由に案件を受注し、働くことができます。

しかし、コンサルティングファームに所属する場合は、働き方も受注している案件の内容もファームによって違うため、自身に合った求人を探す必要があります。

そこで次では、コンサルタントの求人を探すための5つのステップを紹介します。

ステップ1:どの種類のコンサルにするか決める

疑問

コンサルの種類は、主に6つほどあります。

戦略系コンサルは、企業の経営戦略に関して、コンサルティングを行なっています。主に、外資系のコンサルに多く、仕事は激務ですが、その分給料はとても高額となっています。

IT系コンサルは、ITを活かした業務改善やシステムの導入まで行うため、近年ITコンサルの需要は高まっています。

人事コンサルは、企業の人事について助言を行い、企業改善を支援します。人材開発、研修、給与制度など人事部門の課題解決の支援をしています。

金融系コンサルは、財務に関する課題解決の支援をします。主に資金調達やM&Aなど事業戦略に対して助言をします。

シンクタンク系コンサルは、経済状況のリサーチやリサーチから得た情報を元に経営戦略のコンサルティングを行なっています。

総合系コンサルは、企業の経営戦略からIT、金融まで全てを対象にコンサルティングを行なっています。様々な業種が対象となるため、幅広い知識が必要になります。

これらの中から、自身が興味があるものやすでにその業種についての知識を持っているという業種を選ぶのがいいでしょう。

ステップ2:外資系か日系なのか選ぶ

コンサルには、外資系と日系があり、どちらを選ぶかによって、仕事の大変さや給料などが変わってきます。

外資系は、主に戦略系・総合系のコンサルが多く、第企業の経営戦略についてのコンサルティングがメインとなります。

外資系コンサルの特徴は、Up to Outの文化で、昇進できなければ退社など実力主義の世界となっています。

一方日系コンサルは、シンクタンク系コンサルが多く、調査から始まり、集まった情報からコンサルティングを行うコンサルが多いです。

日系コンサルの特徴は、日本企業によくある年功序列の会社がほとんどです。しかし、最近では今では少しずつ、実力主義のコンサルも増え続けています。

外資系も日系もお互いに良し悪しはありますが、やはり激務ではありますが、外資系の方が給料も良く、やりがいもあるので、魅力的ではあります。

外資系だと英語が必要になってくるので、自身のレベルにあった方を選ぶことをおすすめします。

ステップ3:大手コンサルか中小・ベンチャーコンサルか

rank

コンサルにはマッキンゼーやBCG、ベインなどの大手コンサルと主に日系コンサルに多い中小・ベンチャーコンサルがあります。

大手の特徴としては、有名企業からの大型案件が入ってくるため、貴重な経験を積むことができます。また、大手であれば、潰れることもなく安定して案件も入ってくるため、安心して業務に取り掛かることができます。

欠点としては、大手でやっていくにはそれなりの能力と忍耐力が必要になります。コンサルは厳しい世界で、激務の中、結果を出し続けなければ、退職を言い渡されることもあります。

一方、中小・ベンチャーコンサルは、比較的早くいろんな案件や大きな案件に関わることができます。また、昇進スピードも比較的早いのが、中小・ベンチャーコンサルの特徴です。

欠点としては、幅広い経験、グローバルな経験、教育制度などで大手には劣ってしまう部分があるというところです。中小・ベンチャーは専門性が高く、1つの業界に突出した経験は得られるかもしれませんが、幅広い経験を得ることは難しいです。

ステップ4:転職サイト・エージェントに登録する

起業家

ステップ1から3である程度いきたい業種のコンサルを決めたら、その業種の実績が多い転職サイト・エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは、自身に合った求人を探してくれたり、面接や書類の添削、カウンセリングなど転職が終わるまで、サポートをしてくれるサービスとなっています。利用料は無料なので、転職に少しでも不安がある方にはおすすめです。

転職サイト・エージェントにも特徴があり、ある業種に強いところもあれば、満遍なく実績があるところもあります。

自身がいきたいコンサルに強い転職サイト・エージェントに登録すると、採用される確率がグッと上がります。

ステップ5:キャリアコンサルタントに相談し、求人を紹介してもらう

打ち合わせ

転職エージェントで相談に乗ってくれるのがキャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルタントの方にはその業種のコンサル経験者であることが多いため、信憑性の高いコンサル業界の事情や情報を得ることができます。

キャリアコンサルタントとのヒアリングをしっかり行うことで、内定の確率は高まります。

キャリアコンサルタントとのヒアリングをしっかり行い、自身に適した求人を紹介してもらいましょう。

おすすめの転職エージェントを紹介!

ムービンストラテジックキャリア

ムービンは、コンサルに転職したいならまず登録をおすすめする転職エージェントになっています。

コンサルへの転職実績は、業界でもトップクラスで、特に外資系コンサルに強く、大手コンサルへの転職実績も豊富です。

特に戦略系のコンサルに強いため、戦略系コンサルへの転職を考えている方にはお勧めです。

アクシスコンサルティング

アクシスは、コンサル転職支援業界トップクラスの、コンサル専門の転職エージェントです。

アクシスは、総合系・IT系に強く、会計系ファームであるBIG4などへの転職を考えている方にはおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本最大級の転職エージェントとなっています。実績・求人数の面で業界トップクラスの転職エージェントであることは疑いの余地がありません。

また、企業情報や面接対策など転職サポート面でも充実しています。コンサル業界においては専門部署やコンサル業界に精通したアドバイザーがいるため、コンサル業界に転職したいと考えてる方とっても安心です。

>>リクルートエージェントに登録する

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、コンサルタントの求人を探す、たった5つのステップを紹介してきました。

もちろん今回紹介した方法が全てではありませんが、今回の記事を転職への第1歩とし、満足のいく転職をしていただきたいです。

文:Agenda編集部