コンサル転職の面接対策 押さえておきたい5つのポイント

コンサル転職の面接対策 押さえておきたい5つのポイント

コンサルタントへの転職を考えているなら、必ず乗り越えなければいけないのが選考です。

特にコンサルタントの選考で、特徴的なのが面接です。

一般的な企業とは違う面接となっているため、充分な対策が必要になります。

そこで今回は、コンサル転職の面接対策で押さえておきたい5つのポイントを紹介します。

コンサル転職に必要な対策とは?

 

起業家

コンサル転職に必要なのは、ズバリ面接対策です。

面接は、自身の考えを伝え、自身を知ってもらえる機会。さらに、コンサルファーム側も一緒に働く仲間を実際に見ることができるため、とても重要視されている選考方法です。

さらに、コンサルの面接は一般的な企業と違う面が多々あります。しっかりとコンサルの面接の対策をすることが必要になります。

次では、コンサルの面接で押さえておきたいおきたいポイントを紹介します。

ポイント1:面接には主に2種類ある

コンサルの面接には、通常の面接ケース面接の2つがあります。

特に、ケース面接は、コンサルの特徴的な面接となっているので、知っている方も多いでしょう。

ケース面接とは、その場で出されるあるお題についてディスカッションを行うという面接です。

ケース分析の種類には、フェルミ推定問題解決ビジネスケースなどがあります。

ファームによって出されるお題は違いますが、ファームごとにお題の出題傾向があるため、問題集などを使い、対策をすることが可能です。

ポイント2:論理的思考能力を持つ

 

疑問

論理的思考能力は、合否を決める重要なポイントの1つを言っても過言ではありません。

やはりコンサルタントの素質として、論理的思考能力が高いことが求められます。

論理的思考能力は、企業の課題に対して解決策を考える時や解決策をクライアントにわかりやすく説明する時など、コンサルタントとして仕事をする上で、切っても切り離せない能力となっていますので、面接時の注目度は高いです。

論理的思考能力は高めるには、書籍を読んで勉強する方法や常日頃から物事をいろんな角度から見ることなど常に考えることを習慣化することで、高めていくことが可能です。

ポイント3:コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も面接時に注目されるポイントの1つです。

コミュニケーション能力もコンサルタントにとって必須の能力と言っても過言ではありません。

クライアントが抱えている悩み、課題を聞き、正確に理解し、整理したり、自身の考えを正確に伝える際などコミュニケーション能力の重要度は高いです。

面接時においては、面接官が話した内容を正確に理解し、それを踏まえた答えを出すことが大事になります。

ポイント4:通常の面接の対策もしっかりする

 

面談

コンサルの面接には、一般的な企業と同じような通常の面接もあります。

自己紹介から志望動機、今後の目標ややりたいことなどを聞かれます。

どの企業でもそうですが、特に志望動機については重要度が高いです。

なぜコンサル業界なのか、なぜこのコンサルファームを選んだのか、そして入社したらどんなことがしたいのかなどが聞かれます。

コンサルファームは、志望動機を志願者側の人となりやコンサルタントとしての素質を知る1つの判断材料としています。

そのため、志望動機を含めた通常面接の対策もしっかり行わなくてはいけません。

ポイント5:逆質問でした方が良い質問

面接の最後に「何か質問はありませんか」という逆質問をされることがほとんどです。

逆質問は、ネットなどで得られる2次的、3次的な情報ではなく、直接コンサルファームの情報を得られる貴重な機会となります。

他のコンサルファームとの違いや本当に自身に合っているのか不安に思っていることなどを聞くことで、入社後の違和感を防ぐことができます。

面接の合格率を上げるために

 

個人コンサル

これまでに紹介したポイントを押さえた上に、さらに合格率を上げるためにおすすめなのが、転職エージェントへの登録です。

転職エージェントは、自身に合ったコンサルファーム選びから合格までをサポートしてくれます。

コンサル業界に入るためにおすすめの転職エージェントは、コンサルスキル養成所として話題をよんでいる『STRATEGY:BOOTCAMPやコンサル業界専門の転職エージェント『アンテロープです。

また他にも、国内最大級のネットワークで信頼性の高いリクルートエージェントや20代の方におすすめのネオキャリア第二新卒エージェントneoなども良いでしょう。

フリーランス向け月額100万円以上のコンサル案件紹介サービスで実績を作ってから転職活動をするという戦略で成功している方もいます。

就職活動や転職活動は1人で行うと情報を集めるのも大変ですし、自分自身の評価も客観的に見ることができず、大変です。

大切なことはまずは行動をしてみることであるため、自分にあったサービスを探して、エージェントの力も借りながら、二人三脚で活動してみてください!

その他にもおすすめの転職エージェントはありますので、詳しく知りたい方は転職エージェント7選を参考にしていただきたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、コンサル転職の面接対策について紹介しました。

コンサルの選考において、面接は大変重要な位置付けにあるため、充分な対策が必要になります。

コンサルの面接を受ける際は、今回の記事を参考にして頂きたいです。

文:Agenda編集部