アルーとは?年収やプロジェクト事例を紹介

アルーとは?年収やプロジェクト事例を紹介

人事コンサルについてあなたはご存知でしょうか。

今回はあまりなじみのない人事コンサル会社アルーについてたくさんご紹介していきます。

コンサル業界に興味がある方は、ぜひご覧ください。

ちなみに、人事コンサルについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

アルー株式会社とは

アルー株式会社は 2003年創業。

様々な企業の海外派遣研修や語学力向上、管理職マネジメント強化、オンライン研修、生産性向上などのコンサルティング業務を主に行っています。

主要なクライアントは「伊藤忠商事」「大阪ガス」「サントリー」「第一生命」「帝人」「みずほフィナンシャルグループ」「三井不動産」など日本を代表する企業のコンサルティングを担っております。

アルー株式会社の沿革

アルー株式会社が掲げているミッションは、「夢が溢れる世界のために、人のあらゆる可能性を切り拓きます。」

アルーには「「夢が人を育て、人が夢を創る」といった循環が自然と生まれる世界を実現するために、あらゆる人のあらゆる可能性を信じ、それを切り拓くサポートをする存在でありたい。という願いがあります。

そして、ビジョンには「アジア人材育成No.1となる、 事業創造と人づくりで継続成長するグローバル企業」が掲げられています。

アルー株式会社の強みと今後の戦略

アルー株式会社の社長、落合文四郎さんによると、アルーの強みは「新人・若手の企業研修」だそうです。

大手企業に講師を派遣して、主に研修カリキュラムを提供しているアルーは新人や若手を得意にしていて、顧客の細かい要望に応じて、研修内容をカスタマイズしていきます。

実際に、こうした教室型研修が売り上げの8割近くを占めていることからも強みの一つと言っていいでしょう。

また、グローバル人材の育成にも力を入れているそうです。

具体的には、インドのトレーニングセンターに企業の研修生を派遣して、現地の学生と情報交換したり、街頭インタビューをしたり異文化理解を深めるプログラムがあるそうです。

英会話では、アルーの海外拠点とスマートフォンで話してもらって会話を学ぶサービス『ALUGO(アルーゴ)』を提供しています。

今後は教室型研修など既存の事業を充実させるのにくわえ、16年に始めた個人向けアルーゴに力を入れていきたいとのことです。

アルーは会話をすぐに文書に書き起こすソフトを開発して、ただ会話をするだけでなく、言い回しや文法について、その場で指導できるようになりました。

法人向けで培ってきたノウハウなどを生かして個人向けの利用者を伸ばしていく戦略です。

年収の推移

まず、新卒の初任給は大卒で29万2000円とかなり高い水準です。

有価証券報告書によると、平均年収は633万円。教育研修業界の年収ランキングでは、7位と高水準です。

参考までに、マネージャー以上で800万、リーダークラスで500万がスタートです。

また、年齢に関係なく固定給が非常に高く安定しています。

給料

さらにインセンティブという名の賞与があり、1000万円にすぐ到達する社員も多くいるそうです。

福利厚生の面で言うと、月に必ず1日消化しなければならない有給制度や平均退社も制度として早く、社員のモチベーションも非常に高まっているそうです。

若い社員も多く活躍し、昇進、昇給制度もしっかり整っており、若いうちから活躍している社員が目立つ傾向にあります。

アルーの教育制度

業界が業界なだけあって、教育制度はかなり充実しています。

社内だけでも、3年目までは、各年次に年4回の研修、他にも中堅・リーダー・マネージャーと階層別教育があり、新人は3か月間の研修+OJTトレーナーがつきます。

他にはテーマ別があり、目標設定管理・コンプラ・メンタルヘルス・MBTI・ストレングスファインダーがあります。また、組織風土コンサルや、強みの開発等もあり、部署での勉強会もさかんです。

もちろん英語研修や海外研修もあります。

人事コンサルなだけあって、自社が顧客に販売しているコンテンツも社員は無料で受講できるそうです。

また、外資系のコンサルティングファーム出身のメンバーが多く在籍していることからも、社員はロジカルシンキングが求められ、かつそのロジカルシンキングが伸びていく環境です。

アルー株式会社の具体的な事例

旭化成をクライアントとして行った、「会議の生産性向上施策」や三菱UFJ銀行を対象としたALUGO(モバイル英会話トレーニング)とALUGO BOOT CAMP(約2カ月のフィリピン滞在型トレーニング)の導入を行った。

このように様々な形で企業の人材育成を手助けしている。

アルー株式会社に転職するには?

まず、転職する上で自分の志望する企業について深く知ることが重要です。

なので、アルー株式会社について深く調べてみましょう。

その後は応募をして、書類選考→面接の順で審査が行われます。

アルーでは実力主義を取り入れているため、単純に大学の学歴などだけでは選定されないので、注意が必要です。

アルー株式会社の面接では以下のような内容をよく聞かれるそうです。
1、 これまでの仕事の内容
2、 自分のできることやスキル
3、 なぜ他のコンサルティングファームではなく人事コンサル会社であるアルー株式会社を選んだのか
4、 アルー株式会社に入社したら何をしたいか

これに加え、ケーススタディの対策も必要です。

ケーススタディでは論理的思考能力を問われるので、ロジカルシンキングに関する本などを読んでおくのがおすすめです。

転職対策に関する記事を以下載せておきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アルーは国内有数の人事コンサル会社で、働き甲斐がある会社の1つです。

アルーに転職したい場合は、まずは転職エージェントに問い合わせてみましょう。

誰にでもおすすめできるのが、国内最大級のネットワークで信頼性の高いリクルートエージェント

また、あなたが20代の場合はネオキャリア第二新卒エージェントneoなども良いでしょう。

大切なことはまずは行動をしてみることであるため、自分にあったサービスを探してみてください。

文:Agenda編集部