大手のコンサルはどこ?従業員数が多い大手コンサルティング会社一覧

大手のコンサルはどこ?従業員数が多い大手コンサルティング会社一覧

コンサルタントと聞くと、難しい選考を通った一握りの人材で、少数精鋭でハードな仕事をこなしているイメージがありますが、実際にコンサルタントは、何人ほどいるのでしょうか。

今回は、従業員数が多い大手コンサルについて紹介します。
>>外資転職に強いJACリクルートに無料相談したい方はこちら

>>ネオキャリア第二新卒エージェントneoに無料登録したい方はこちら

>>実績豊富なリクルートキャリアに無料登録したい方はこちら

従業員数が多い大手コンサルとは?

コンサルティング業界は、数人で切り盛りしているコンサルから数千人の従業員を抱えるコンサルまであります。

そのなかでも特に、大手と呼ばれるコンサルは、数万人の従業員を抱えています。

コンサルタントというと高年収であることが知られていますが、そのコンサルタントを数万人も抱えられるコンサルティング会社は、多くありません。

rank

そこで今回は、従業員数が多い大手コンサルを紹介します。

まず、次では大手コンサルに入社するメリット・デメリットを紹介します。

大手コンサルのメリット・デメリットとは?

大手コンサルは、規模が大きく、できることが多いなどメリットがある反面、デメリットもあります。

大手コンサルのメリット

・多様なプロジェクトに参画でき、豊富な経験を得ることができる。
・キャリアの選択肢が多い。
・倒産リスクが小さい。
・育成システムがしっかりしている。

大手コンサルのデメリット

・大企業の案件などを任されるのが比較的遅い。
・会社に貢献できているかわかりにくい。

従業員数が多い大手コンサルその1:アクセンチュア

従業員数が多い大手コンサル1社目がアクセンチュアです。アクセンチュアの従業員数は、およそ50万9,000人となっています。(2020年5月時点)

日本拠点だけでも1万4000人と桁違いの従業員を抱えています。

ベンチャー

アクセンチュアは、52カ国200都市以上にオフィスを構える世界最大規模の総合コンサルティングファームです。

アクセンチュアは、「ストラテジー&コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供しています。

従業員数が多い大手コンサルその2:PwCコンサルティング(PwCグループ)

2社目がPwCコンサルティングです。

PwCグループ全体の従業員数は、約27万6000人です。(2019年6月時点)Pwc Japan グループだけでも8000人を超える従業員がいます。

PwCコンサルティングは、世界157カ国742拠点を有する総合コンサルティングファームです。

またPwCコンサルティングは、世界4大会計事務所の一つであるため、世界中に拠点を持ち、世界中の知識や経験が集まるプロフェッショナルファームとなっています。

PwCコンサルティングは、PwCグループの監査及びアシュアランス、ディールアドバイザリー、税務、法務などの幅広い知見と世界各国にいるエキスパートを擁しています。

PwCコンサルティングでは、主にストラテジーコンサルティング、マネジメントコンサルティング、テクノロジーコンサルティング、リスクコンサルティングを提供しています。

また、PwCコンサルティングは、世界157カ国にあるグローバルネットワークを活かし、クライアントにあった的確なアプローチを提供しています。

従業員数が多い大手コンサルその3:デロイト トーマツ コンサルティング(デロイト トーマツ グループ)

3社目はデロイト トーマツ コンサルティング(以下DTC)です。デロイト トーマツ グループの全体の従業員数は、26万3000人を上回ります。

DTCだけでも従業員数は、2,700人となっています。

DTCは、世界150カ国以上にメンバーファーム及び関連会社を構えるデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担っています。

社内MTGカジュアル

DTCでは、デロイト トーマツ グループが有する監査、税務、法務、コンサルティング、フィナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、クライアントのあらゆる希望に応えています。

従業員数が多い大手コンサルその4:KPMGコンサルティング

4社目は、KPMGコンサルティングです。KPMGグループ全体の従業員数は、約21万9000人になります。(2019年9月時点)

KPMGコンサルティングの従業員数は、1000人を上回っています。

KPMGコンサルティングは、世界147カ国にメンバーファームを擁するKPMGグループの一員として日本のコンサルティングサービスを担っています。

KPMGコンサルティングは主に、事業変革、テクノロジートランスフォーメーション、リスク&コンプライアンスを提供し、これらの3分野において豊富な経験とスキルを有するプロフェッショナルによるサービスを提供しています。



従業員数が多い大手コンサルその5:アビームコンサルティング

アビームコンサルティング(以下アビーム)は、グループ全体で6,646人の従業員を抱えています。(2020年4月時点)

アビームは、日本発の総合コンサルティングファームで、日系コンサルの中では、トップクラスの従業員数を誇っています。

アビームでは戦略策定・構想策定から業務改革・設計、システム開発・導入まで、そして全業界(インダストリー)、全業務領域(サービス)を手掛ています。

アビームは、日本に本社があり、本社のコンサルタントが世界の各拠点で現地のコンサルタントとチームを組むため、海外での経験を豊富に得ることができます。



まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、従業員数が多い大手コンサルについて紹介してきました。

今回したコンサルを見ると、総合コンサルが多いことがわかります。

従業員数が多いということは、おのずと関わる人も増えると思うので、いろんな国のいろんな考え方の人と関わりたいと思っている方は、大手コンサルを目指してみてはいかがでしょうか。

文:Agenda編集部