コンサルティング会社・ファームの上場企業一覧

コンサルティング会社・ファームの上場企業一覧

コンサルティング会社と聞くと、利益が大きく、有名なコンサルティング会社はわかっても、上場している会社を知っている方は少ないと思います。

そこで今回は、上場しているコンサルティング会社一覧を紹介します。

また、コンサル会社一覧について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

コンサルティング会社の上場企業一覧

 

rank

代表的な上場コンサルティング会社は以下の6ファームですので、それぞれを次の章で詳しく見ていきます。(アクセンチュアのみグローバルでニューヨーク証券取引所、その他は東証です。)

・野村総合研究所
・三菱総合研究所
・ベイカレント・コンサルティング
・アクセンチュア
・ドリームインキュベータ
・シグマクシス

野村総合研究所

野村総研は、1965年に創設された旧野村総合研究所と1966年に創立された野村コンピュータシステムが1988年に合併し、誕生しました。野村ホールディングスを最大の株主にもつ本格的な日系シンクタンクとなっています。

野村総研は、2001年に東京証券取引所第一部に上場しました。

野村総研は、コンサルティングによって問題発見から解決策を導く「ナビゲーション」とシステム開発・運用などによって課題解決を実現する「ソリューション」を相乗的に連携させ、一貫してサービスを提供するビジネスモデルをとっています。

野村総研は、大企業や官公庁などの信頼も厚く、長期的に売上高や利益面で成長を続け、業界トップクラスの収益力を誇っています。

 

三菱総合研究所

三菱総研は、1970年に三菱創業100周年を記念事業として設立されました。

三菱総研は、経済や企業経営、政策、公共などあらゆる分野において常に先頭に立ち、社会とクライアントの課題を総合的に解決するシンクタンクグループとして高い評価を受け続けています。

2009年に東京証券取引所市場第二部に株式を上場し、2010年には、東京証券取引所市場第1部銘柄に指定されました。

高度なプロフェッショナル人財を擁し、多彩な専門力を組み合わせることで、一貫した解決策の提供を行っています。

ベイカレント・コンサルティング

ベイカレントは、1998年に設立され、存続会社でもある有限会社ピーシーワークスを2014年に設立されたバイロン・ホールディングス株式会社が吸収合併したことにより、誕生しました。

2016年に、東京証券取引所マザーズに株式を上場し、2018年には東京証券取引市場第一部への市場変更がされました。

ベイカレントは、日本発の総合コンサルティング会社として政府や企業の持続的な発展に貢献し、戦略からITまで幅広いサービスを提供しているため、高い評価を受けています。

また、日本発のコンサルティング会社だからこそ、日本の文化や価値観を理解し、織り込んだコンサルティングサービスの提供に力を入れています。

 

アクセンチュア

 

ビル群

アクセンチュアは、1953年にアメリカで、電子情報システムの開発と統合のサポート業務を行うコンサルティング会社として設立されました。1962年には、日本での業務が始まり、1995年に株式会社が設立されました。

アクセンチュアは、本社がニューヨーク証券取引所に上場しています。

アクセンチュアは、日本でも世界でも最大級の規模を誇るコンサルティング会社で、戦略から実行まで一貫してサービス提供しているため、クライアントから高い評価を得ています。

また、アクセンチュアは、従業員への支援も厚く、キャリア支援や男女平等に成長しやすい環境など働きやすい環境作りを積極的に行っています。

ドリームインキュベータ

ドリームインキュベータは、2000年に事業戦略策定と実行支援を中核としたインキュベーション事業を目的に、東京で設立されました。

2002年に東京証券取引所マザーズに上場し、2005年には東京証券取引所市場第一部に上場しました。

ドリームインキュベータは、日本発のグローバル戦略コンサルティング会社として、日本からアジア、世界へと幅広くサービスを行っています。

また、投資育成に力を入れており、新たな事業を創造しようとしている企業の支援や自らも事業の創造に力を入れています。

シグマクシス

シグマクシスは、2008年に三菱商事株式会社と株式会社RHJインターナショナルの共同出資によって設立されました。

2013年に東京証券取引所マザーズに上場し、2017年には東京証券取引所市場第一部に市場変更されました。

シグマクシスは、コンサルティングサービスだけでなく、よりクライアントにコミットするため、自ら出資し、人材の提供も行うため、機動力には定評があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、上場しているコンサルティング会社について見てきました。

意外と大手コンサルで上場してるところは少なく、日系コンサルが多いということがわかりました。

ぜひ今回の記事を転職の際の参考にして、自分に合った会社を選んでいただきたいです。

この記事を読んで、コンサル業界に興味を持った方は、転職・就職エージェントに1度相談してみてはいかがでしょうか?

コンサル業界に入るためにおすすめの転職エージェントは、コンサルスキル養成所として話題をよんでいる『STRATEGY:BOOTCAMPやコンサル業界専門の転職エージェント『アンテロープです。

就職活動や転職活動は1人で行うと情報を集めるのも大変ですし、自分自身の評価も客観的に見ることができず、大変です。

ぜひエージェントの力も借りながら、二人三脚で活動してみてください!

あわせて読みたい

文:Agenda編集部