年収1,000万越え?コンサルタントの給料・給与事情

年収1,000万越え?コンサルタントの給料・給与事情

高年収な職業といわれたら、必ずと言っていいほど挙げられるコンサルタントという職業。

年収1,000万円を超える人もたくさんいると聞きます。

そこで、どんな人が年収1,000万円を超えているのか、紹介します。

コンサルタントの年収事情から、役職、業種、外資系コンサル、日系コンサルなど多方面からの年収比較を紹介します。

年収1,000万円超え?コンサルタントの給料事情とは

 

給料

コンサルタントは、主に企業の課題を見つけ、解決のためのサポートをする職業です。

コンサルタントと聞くと、年収が高いというイメージを持っている人もいると思います。

そのイメージ通り、コンサルタントの年収は高く、年収500万から1,000万円になります。

新卒2、3年でも500万円程、役職が上がると、1,000万円超えも可能な職業となっています。

コンサルティングファームは、ほとんどが実力主義となっています。

そのため、結果を残せば、若くても、自身の能力に見合った金額を手に入れることができます。

フリーランスのコンサルタントで年収1,000万円超えは可能なのか?

フリーランスは、自身で仕事内容や勤務時間を決められ、働いた分すべてが自身のお金として入ってきます。近年、働き方改革の影響もあり、人気もあるため増えています。

フリーランスは、多くの案件や大きな案件を受注すれば、1,000万円超えは可能となります。しかし、案件を受注することができなければ、収入がなくなるということもありえます。

ですので、フリーランスをする場合は、案件を獲得してくる能力自己管理能力が必要になります。

フリーランスでの案件獲得には、ハイパフォコンサルコンサルポータルなどの案件紹介サイトに登録することをおすすめします。

コンサルタントの役職別年収

 

内部MTG

コンサルタントの年収は、役職により大きく異なります。

アナリスト:約500~800万円
コンサルタント:約700~1,100万円
マネージャー:約900万~1,400万円
プリンシパル:約1,300万円~1,800万円
パートナー:約2,000万円~

役職別の年収に関しては、所属するファームの業種や外資系、日系コンサルなどの違いによっても大きく変わってきます。

比較的外資系の戦略コンサルは、多くのコンサルタントが年収1,000万円を超える金額を稼いでいます。

コンサルファームの業種別年収

コンサルタントの年収は、担当する業種によっても、変わってきます。

戦略系コンサル:約1,200万円
総合系コンサル:約800万円
IT系コンサル:約900万円
財務系コンサル:約800万円

やはり、戦略系コンサルは、他業種よりも年収が高くなっています。

最近では、ITの需要が高くなっているので、年収が上がってくることが予測されます。

外資系コンサルファームの年収

 

チーム

外資系コンサルは、年収1,000万越えの高年収で、年収のアップも早いと言われる職業です。

外資系の給料体制の特徴として、年俸制やベース給対してインセンティブ給の割合が高いことが上げられます。

ここでは主な外資コンサルの年収を紹介します。

マッキンゼー・アンド・カンパニー

平均年収1,800万円
初任給:約700万円
5年次年収:約1,500万円~
10年次年収:約3,000~5,000万円

 

ベイン・アンド・カンパニー

平均年収:約1920万円
初任給:約650万円
5年次年収:約1,500万円~
10年次年収:約3,000~5,000万円

ボストン コンサルティング グループ

平均年収:約1,860万円
初任給:約700万円
5年次年収:約1,500万円~
10年次年収:約3,000~5,000万円

日系コンサルファームの年収

日系コンサルは、外資系コンサルと比べるとやや低く感じられますが、他業界と比べると充分高年収な職業です。

日系コンサルの給料体制の特徴としては、月給制や充実した教育制度や福利厚生が挙げられます。

主な日系コンサルの年収を紹介します。

アビームコンサルティング

平均年収:約800万円
初任給:約450万円
5年次年収:約750万円
10年次年収:約1,100万円

ドリームインキュベータ

平均年収:約1,100万円
初任給:約600万円
5年次年収:約900万円
10年次年収:約1,300万円

ベイカレント・コンサルティング

平均年収:約700万円
初任給:約450万円
5年次年収:約600万円
10年次年収:約800万円

年収1,000万円を超えるコンサルタントになるには

日系コンサルでもマネージャーやパートナーになれば年収1,000万円超えも可能です。しかし、有名な外資系コンサルに転職すれば、若い内から年収1,000万円が可能です。

やはり年収1,000万円を超えるには、外資系コンサルに転職することをおすすめします。

外資コンサルに興味を持った方は、転職・就職エージェントに1度相談してみてください。

コンサル業界に入るためにおすすめの転職エージェントは、コンサルスキル養成所として話題をよんでいる『STRATEGY:BOOTCAMPやコンサル業界専門の転職エージェント『アンテロープです。

就職活動や転職活動は1人で行うと情報を集めるのも大変ですし、自分自身の評価も客観的に見ることができず、大変です。

ぜひエージェントの力も借りながら、二人三脚で活動してみてください!

その他の転職エージェントに関しても以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、コンサルタントの給料事情についてみてきました。

コンサルタントになるのも狭き門でありながら、実際の業務もとても大変な職業ではあります。しかし、実績を上げれば、年収1,000万円越えも可能な職業になっています。

ぜひ高年収を目指し、自身の納得のいくキャリアを歩んで頂けたらと思います。

年収を上げたいという方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

文:Agenda編集部