外資コンサルに転職する方法とやっておきたい5つの準備

外資コンサルに転職する方法とやっておきたい5つの準備

コンサルティングファームに転職は、とても狭き門となっています。外資コンサルともなると、とても人気であるため、より転職に成功する人数は少なくなります。

そのななか、転職を成功させるために必要なのが、準備です。選考を突破するための準備やコンサルタントとしての準備など、徹底した準備が外資コンサルへの転職には必要になります。

そこで今回は、外資コンサルに転職するためにやっておきたい5つの準備を紹介します。

外資コンサルに転職する際にやっておきたい準備とは

外資コンサルでは、求められるものが多く、転職する際は、あらかじめ準備をしておく必要があります。

今回は、その中でも特に、準備しておきたいことを5つ紹介します。

起業家

・転職エージェントに登録する
・選考対策
・スキルを身につける
・ビジネス英語を身につける
・業界分析をする

外資コンサルに転職するためにやっておきたいことその1:転職エージェントに登録する

外資コンサルに転職する際に準備しておきたいことの1つ目が転職エージェントに登録することです。

転職エージェントは、転職する際に、転職先の紹介からカウンセリング、選考対策、企業との交渉など転職するまでの支援サービスを受けることができます。

経験豊富なキャリアコンサルタントが自身に合った求人や選考を突破するためのアドバイスをしてくれるため、効率的に転職活動を行うことができます。

外資コンサルに転職するためにやっておきたいことその2:選考対策

外資コンサルの選考は、応募数が多い上に、選考を突破できるのは、ほんの一握りの人たちであるため、倍率が高く、しっかりとした選考対策が必要になります。

特に外コン独特の面接であるケース面接おいては、課される問題について、短時間で論理的に回答することが求められます。

そのため、フェルミ推定やケース問題の問題集を解いたり、コンサルタントの知り合いや経験豊富なキャリアサポーターに模擬面接をしてもらうなど、対策を万全に期す必要があります。

自身が転職したいコンサルへ転職するためにも、選考対策は、しっかりと行いましょう。

外資コンサルに転職するためにやっておきたいことその3:スキルを身につける

外資コンサルタントには、多くのスキルが求められ、外資コンサルへ転職するには、一定のスキルが求められます。

いくつかあるスキルの中でも、特に必要となる2つのスキルを紹介します。

1つ目が、論理的思考能力です。

コンサルに必要なスキルと言ったら論理的思考能力と言っても過言ではないくらい、コンサルタントにとって論理的思考能力は、重要です。

論理的思考能力は、クライアントの課題を論理的に整理し、問題点を見つけ、わかりやすくクライアントに自身の考えを伝える時に求められます。

論理的思考能力は、書籍や対策本を読むことで鍛えることができます。

ホワイトボード

2つ目は、コミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力も外資コンサルには、必要不可欠のスキルとなります。

コミュニケーションは、クライアントやプロジェクトメンバーとの関係性を深める際に必要になります。

外資コンサルに転職するためにやっておきたいことその4:ビジネス英語を身につける

外資コンサルには、日本企業のクライアントが多いコンサルもあれば、グローバル案件が多いコンサルもあります。

グローバル案件が多い外資コンサルであれば、ビジネスで使える高いレベルの英語は、必須となります。

社内MTG

グローバル案件が少ないコンサルであっても、マネージャークラスになると英語が必要になります。

また、マッキンゼーなど複数の外資コンサルでは、英語での選考を行っているところもあります。

英語は、外資コンサルに転職を考えているなら、自身の活躍の場を広げることができるので、ぜひできるようにしましょう。

外資コンサルに転職するためにやっておきたいことその5:業界分析をする

ネットや書籍で、あらかじめコンサル業界について、調べておくことも必要に応じて行わなければいけません。

特に、コンサル業界の基礎的な知識や用語などは、理解しておきましょう。

また、コンサルタントに必要なスキルやコンサル業界に関する書籍もあるので、読んで、コンサル業界への理解を深めておきましょう。

外資コンサル転職におすすめの転職エージェント

外資コンサルへの転職で、おすすめの転職エージェントは、ムービンストラテジックキャリアです。

ムービンは、コンサル専門の転職エージェントで、コンサル業界への転職支援実績は、トップクラスとなっています。

キャリアコンサルタントには、現場で働いていた元コンサルタントが中心となって、サポートをしてくれるため、より信憑性の高いコンサル業界の情報を得やすいです。

数々の転職支援実績から得たデータにより、自身に合った充実した支援を受けることができます。

ムービンは、外資コンサルへの転職実績も多いので、外資コンサルへの転職を考えているなら、ムービンに登録することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、外資コンサルに転職するためにやっておきたい5つの準備を紹介しました。

外資コンサルに転職するために、転職エージェントへの登録、選考対策、スキル、英語、業界分析などをやっておくことで、コンサル業界への理解も深まり、自身のスキルアップにも繋がり、転職成功の確率も上がります。

外資コンサルへの転職は、準備を怠らず、しっかりと対策を行っておきましょう。

文:Agenda編集部