戦略コンサルティングファームとは?代表的な会社と特徴を一挙紹介

戦略コンサルティングファームとは?代表的な会社と特徴を一挙紹介

近年コンサルティングファームの名を聞くことが増えてきました。

コンサルティングファームというと、ほとんどの方は、戦略コンサルティングファームをイメージするかと思います。

マッキンゼーやBCGは知っていても、他のコンサルとなると知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、戦略コンサルの代表的な会社を紹介します。

また、他の種類のコンサルティングファームについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

戦略コンサルティングファームとは

 

チーム

戦略コンサルは、主にクライアントの課題を経営戦略、マーケティング戦略、新規事業立案などについてコンサルティングを行なっています。

企業の経営に関わる課題について相談を受けるため、経営陣とのやりとりが多く、少数精鋭のチームで動くことが多いのが、戦略コンサルの特徴です。

戦略コンサルは、激務で労働環境も厳しく、体も精神もタフでなければ続けていくのは難しいですが、その分成果を出せば、他企業とは比べ物にならないくらいの収入を得ることが可能です。

戦略コンサルは、特に外資系コンサルが強く、マッキンゼーやBCGなどコンサル業界では、知らない人はいない大企業が多いです。

また、他にも世界で活躍している戦略コンサルは多くあるため、次では、代表的な戦略コンサルを紹介します。

代表的な戦略コンサルその1:マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニー(マッキンゼー)は、言わずと知れた世界的戦略コンサルファームです。

BCGと並び、コンサルティング業界のトップを走り、業界全体を引っ張ってきた世界60カ国に拠点を持つ世界最高峰のコンサルティングファームとなっています。

マッキンゼーは、特に人材育成に定評があります。「One Firm Policy」と呼ばれる原則により、国境をまたいで世界各国にある全拠点を一つの組織と考えられています。

そのため、年に一度はグローバルトレーニングへの参加や海外オフィスの知見の共有など日本にいながら、グローバルな活動が可能であるため、他業界に渡り、優秀なグローバル人材を多く輩出しています。

 

代表的な戦略コンサルその2:ボストン コンサルティング グループ

 

個人コンサル

ボストン コンサルティング グループ(以下BCG)は、マッキンゼーと並び、世界をリードする戦略コンサルティングファームとなっています。

BCGは、世界50カ国に拠点を置き、あらゆる領域の専門家が経営コンサルタントと協力し、様々な業界や地域にわたる多機能の統合されたチームによって、クライアントにあったソリューションを提供しています。

BCGの特徴としては、戦略コンサルとして日本において他の追随を許さず、大企業や政府から絶大な信頼を得ているというところがあります。

BCGは、日本でコンサル業界があまり知られていない時から、日本に拠点を構えています。

そのため、日本でのコンサルティング経験は豊富で、日本の企業に合わせたコンサルティングと世界の拠点から得た知見を活かしたコンサルティングの両面からコンサルティングを行えるのが、BCGの特徴となります。

 

代表的な戦略コンサルその3:ベイン・アンド・カンパニー

ベイン・アンド・カンパニー(以下ベイン)は、マッキンゼーやBCGに続く、世界的戦略コンサルティングファームです。

ベインは、拠点が世界37カ国とマッキンゼーやBCGに規模で劣るものの、規模の小ささを感じさせないコンサルティングの質の高さや整った労働環境を有しているため、ワークライフバランスを確立しています。

またベインは、徹底した結果主義で、「True North」という企業理念のもと結果にこだわり、クライアントに高い価値を創造することに定評があります。

徹底した結果主義は、報酬面からもみられ、ベインが得る報酬は、クライアントの結果にコミットしています。

そのため、質の高いコンサルを可能とし、平均年収からは規模が大きいマッキンゼーやBCGと同等の金額と、ベインの質の高さを伺えます。

代表的な戦略コンサルその4:アーサー・D・リトル

 

内部MTG

アーサー・D・リトル(以下ADL)は、世界最初の経営コンサルティングファームとして今なお世界で活躍している戦略コンサルティングファームとなっています。

ADLは特に、技術またはテクノロジーと経営の融合に着目し、知識と技術を活用したコンサルティングに定評があります。

またADLは、クライアント目線でクライアントに寄り添ったコンサルティングを強みとしています。

“Side-by-Side”、「常に顧客とともにあること」をコンセプトに、クライアントに納得してもらった上で、いかにクライアント自ら破壊的イノベーションを成し遂げることができるのか、クライアントに寄り添ったコンサルティングに定評があります。

代表的な戦略コンサルその5:A.T.カーニー

A.T.カーニーは、1926年に設立され、90年以上にわたり、本質的なコンサルティングを提供しています。

A.T.カーニーは、高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協同作業を最大の強みとしています。

またA.T.カーニーは、独自のキャリアソリューションを確立しています。

フレックスタイムや在宅勤務などの柔軟な働き方や介護支援、キャリア復帰のサポートなど労働環境の良さには、定評があります。

 

戦略コンサルに転職するのにおすすめの転職エージェント

戦略コンサルに転職する場合も転職エージェントを頼ったほうが良いです。転職エージェントは面接の対策や、実力に見合ったファームを紹介してくれます。

ちなみに、コンサル業界に入るためのおすすめの転職エージェントは、コンサルスキル養成所として話題をよんでいる『STRATEGY:BOOTCAMPやコンサル業界専門の転職エージェント『アンテロープです。

就職活動や転職活動は1人で行うと情報を集めるのも大変ですし、自分自身の評価も客観的に見ることができず、大変です。

ぜひエージェントの力も借りながら、二人三脚で活動してみてください!

他にもおすすめの転職エージェントはいっぱいありますので、以下の記事でまとめておきます。

ぜひ、コンサル業界への転職におすすめな転職エージェント7選を参考にしていただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょか。今回は、戦略コンサルについて紹介してきました。

戦略コンサルは、なることも難しい上に、仕事も大変ではありますが、高年収を狙える魅力ある職業となっています。

そんな魅力ある戦略コンサルタントを目指してみてはいかがでしょうか。

文:Agenda編集部