【コンサルティング業界】種類や仕事内容を解説!!

【コンサルティング業界】種類や仕事内容を解説!!

新卒採用の人気企業ランキングで上位を占めるようになってきたコンサルティング業界

コンサルティングといっても様々な種類のコンサルティングがあり、馴染みのない方には想像しづらい業界ではないでしょうか。

戦略、総合、ITなど、様々な種類があるコンサルティング会社の特徴を解説していきます。

コンサルティングファーム業界の市場規模

国内のコンサルティング企業は、2000社程度あると言われており、その市場規模は4,000億円とも言われています。

さらに米国になるとその市場は10兆円程度にのぼるとされており、いかにコンサルティング業界が潤沢な資金を得られているかがわかります。

上矢印

コンサルティング企業がクライアント(お客様)へ提供する価値が高い付加価値をもっているがゆえに、それほどの市場ができるのだとご理解ください。

コンサルティングファームの主要6種類

コンサルティングファームは大きく分けると以下の6種類に分類することが可能です。

1. 戦略系コンサルティングファーム
戦略系コンサルティングファームは、マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストンコンサルティングといった、米国やヨーロッパに本社を構える外資系企業が中心です。

企業のトップレベルの経営課題を解決したり、グローバル化を含む高度な経営戦略を策定するような役務を提供しています。チーム

CEOなどの経営陣をカウンターパートとし全社における経営戦略、新規事業戦略、M&A戦略などに関わりたいという方には戦略系コンサルティングファームはおすすめです。

実際に、A.T.カーニーという戦略系コンサルティングファームは三菱商事や資生堂といった超大手企業の経営計画を策定するなどのプロジェクトを行っています。

より詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

2. 総合系コンサルティングファーム
総合系コンサルティングファームは、あらゆる経営テーマについて幅広くソリューションを持っていることが特徴です。

戦略~IT導入まで一貫して価値を発揮できるため、近年成長しています。

「戦略」を考えるだけでなく、「実行」まで手掛けたいという方には、総合系コンサルティングファームはおすすめです。

総合系コンサルティングファームの1つであるPwCでは、日産自動車が不信に陥った際に「日産リバイバルプラン」の作成といったプロジェクトを行いました。

3. IT系コンサルティングファーム
IT系コンサルティングファームでは、ITシステムの基本設計から、導入、保守運用まで幅広くITに関するコンサルティングを行います。

IT系コンサルティングファームの1つであるアクセンチュアは、ふくおかフィナンシャルグループの「モバイルサービスで新たなビジネスモデルを実現させる」というプロジェクトを担っていました。

4. ファイナンシャルアドバイザリーファーム
ファイナンシャルアドバイザリーファームでは、会社の財務にかかわる業務や、M&A等の案件を扱います。

例えば、国内大手鉄道会社の経営統合に関するアドバイスや大手総合商社による独立系商社の買収などのプロジェクトに関わっています。

ファイナンシャルアドバイザリーファームの1つであるデロイトトーマツコンサルティングに関する記事を載せておきましたので、より詳しく知りたい方はご覧ください。

5. シンクタンク
シンクタンクは、官公庁や公的機関向けのリサーチを中心に価値を発揮しているファームです。〇〇総研などが当てはまりますが、経営、ITにかかわるコンサルティングまで幅広く提供しています。

シンクタンクの1つである野村総合研究所に関する記事を載せておきましたので、より詳しく知りたい方はご覧ください。

6. 人事・組織系コンサルティングファーム
人事・組織系コンサルティングファームは、企業の採用、人材育成・研修、配置転換等、人事課題を幅広く取り扱います。

以上が、コンサルティング業界の企業種別の概観です。

もっと知りたい方のために、「コンサルティングファームの種類とは?」の記事で企業名とともに、各種類を詳しく解説しています。

従業員はコンサルタントと呼ばれる

各種コンサルティング企業において、企業の課題を解決する主要な役割を果たす従業員をコンサルタントと呼びます。

コンサルタントは、クライアントの持つ経営課題を正確に捉え、理想とする姿を実現するための打ち手を考え抜き、正しく伝えていくという重要な仕事を実施します。

資料の山

限られた時間の中で、ハイレベルなアウトプットが求められるため、チームで働くことが必須になります。この働き方をするためにも、チームワークや集中力が求められます。

アナリストと呼ばれる新入社員レベルの役職から始まり、コンサルタント、マネージャーとランクアップをしていきます。

最終的にはパートナーと呼ばれる経営ポジションにたどり着きますが、ここまで上がれるのはファームのなかでも一握りの優秀な人材のみです。

コンサルタントについての詳しい解説は別記事を参考にしてみてください。

コンサルティング業界の実際の仕事

ミーティングの様子

経営コンサルティングの実際の仕事内容を類型化するとすれば、以下のようになります。

・営業提案活動
クライアントに関する情報を集めながら、クライアントの課題仮説を作り、解決策を提供するプロジェクトの実施を提案します。体制や、プロジェクト期間、フィーなどをあわせて提案書に落とし込み、プレゼンテーションで案件を獲得します。

・プロジェクトキックオフ
受注が決まると、まずはプロジェクトのキックオフMTGで全体のスコープやスケジュール等を改めて確認します。

・現状把握
提案時に考えていた初期仮説と認識のズレがないか等を確認していきます。

・課題・打ち手仮説構築
現状を認識した上で改めて、課題をきちんと設定し、課題に対する解決策・打ち手の仮説を構築していきます。

・仮説検証
検討した解決策が有効であることを、インタビューやレポート等の調査に基づき、ロジカルに検証していきます。

・最終報告
そうして導かれた最終的な課題・解決策等を経営層へプレゼンテーションをすることで、最終報告とすることが多いです。

・実行支援/継続提案
最終報告が終わると、その打ち手を実行するための支援や、さらなる別の課題の解決策を提案する等で仕事を広げていきます。

コンサルティング業界のまとめ

コンサルティング業界の主要な種類、市場規模、コンサルタントの仕事、コンサルティング業界の価値について詳しく解説しました。

このようなハイレベルな価値を提供することで、年収1,000万円などの高収入を実現しているのがコンサルタントです。

IDEAの出し方

コンサルティング業界に関する理解が深まり、コンサルタントとして働いてみたくなった方もいるのではないでしょうか。

コンサルタントになるのは難易度が非常に高いですが、絶対にコンサルタントになるんだ!という強い意志を持てば、中途採用は新卒採用よりも門戸が開きやすいです。

ただし、転職活動には力強いサポーターが必須になるので、コンサルタントを目指す方はハイクラスに特化したエージェントに数多く出会えるサービスに登録しましょう。

誰にでもおすすめできるのが、国内最大級のネットワークで信頼性の高いリクルートエージェント

フリーランス向け月額100万円以上のコンサル案件紹介サービスで実績を作ってから転職活動をするという戦略で成功している方もいます。

大切なことはまずは行動をしてみることです。

以下では、転職に関する記事を載せておいたので、興味がある方はご覧ください。

文:Agenda編集部