転職希望者必見!総合コンサルBIG4を徹底比較

転職希望者必見!総合コンサルBIG4を徹底比較

最近、コンサルタントという職業が注目されていますが、特にデロイトやアクセンチュアなどの総合コンサルが今とても注目されています。

そんな総合コンサルには、よく聞かれるBIG4と呼ばれる企業が存在します。

しかし、BIG4と言われてもピンとこないという方も多くいると思います。

そこで、今回は、総合コンサルのBIG4について紹介することにしました。総合コンサルやBIG4について徹底比較していきます。

総合コンサルとは?

ビル群

総合コンサルは、会社全体で戦略の立案からシステムの構築や運用までを行うコンサルファームです。

簡単にいうと、コンサルティングサービスの上流から下流を一貫してワンストップでコンサルを行なっているコンサルです。

また、幅広い業界、幅広いテーマについてコンサルティングを行なっているため、あらゆる業界の知識を得ることも活かすこともできるのが総合コンサルの特徴です。

総合コンサルBIG4とは?

総合コンサルBIG4とは、「デロイト トーマツ コンサルティング」「PwCコンサルティング」「KPMGコンサルティング」「EYアドバイザリー」の4つのコンサルティングファームのことを指します。

これらの4つのコンサルは、元々会計の分野で「デロイト トウシュ トーマツ」「プライスウォーターハウスクーパース」「KPMG」「アーンスト・アンド・ヤング」の四大監査法人としてBIG4と呼ばれていました。

これらの4社は、監査や税務を主な業務としていましたが、さらなる事業拡大のために、戦略コンサルの買収やこれまでに培われてきた知見を活かし、コンサル業を行うようになりました。

これらの4社はコンサル業界でも注目され、コンサル業界でもBIG4と呼ばれるようになりました。

次では、BIG4について1社ずつ見ていきます。

総合コンサルBIG4を徹底解説:デロイトトーマツコンサルティング

面談

デロイトトーマツコンサルティングは、100を超える世界の都市でサービスを行うデロイト トーマツ グループの一員です。

グループで有する監査や税務、法務などのあらゆる分野を合わせた総合力を活かし、戦略立案から実行まで一貫してサービスを提供します。

また、海外約80万都市、約1,050名に及ぶ日本語バイリンガルを擁するJapanese Services Groupや全世界に150カ国、24万5千人を超える現地の制度やビジネス事情を熟知したエキスパートとシームレスに連携して、サービスを提供できる国際力も持っています。

デロイトトーマツコンサルティングの特徴としては、非常に提供サービスが広いことと広い提供サービスをグローバルでカバーできるというところにあります。

デロイトトーマツコンサルティングのキャリアパスとしては、始めから専門性を固定するわけではなく、いろいろな分野のプロジェクトを経験し、コンサルタントとしての基礎知識を身につけていきます。

その後、適正や将来性など、これまでの経験を活かして、それぞれ専門性を高めていくという人事制度をとっています。また、人材育成に力を入れており、未経験者でもしっかり面倒を見てもらえるため、成長しやすい環境があります。

>>デロイトトーマツコンサルティング(DTC)とは?年収・プロジェクト事例を紹介

総合コンサルBIG4を徹底解説:PwCコンサルティング

PwCコンサルティングは、世界157カ国、27万人以上の専門家を有するPwCグループのグローバルネットワークと連携したサービスを提供しています。

PwCコンサルティングの特徴として、BXTと呼ばれる独自のコンサルティングアプローチを採用しています。BXTはBusiness、eXperience、 Technologyの意味を持ち、新しいものを生み出すには、新しいやり方が必要だという考えのもと、常にスピード感を持って、最先端のデジタル技術を活用した新しい体験をクライアントに提供しています。

また、PwCでは、各専門領域のプロフェッショナルが垣根を越えて、クライアントに最大のサービスを提供するという企業文化が根付いているため、 グループ内の結束は、他のコンサルよりも強いと言えます。

PwCコンサルティングのキャリアパス制度として、PwCコンサルティング内だけでなく、PwCアドバイザリーやPwC税理士との移籍もできるため、他領域のプロフェッショナルから得た知識を活かし、自身のキャリアの幅を広げることが可能となっています。

PwCコンサルティングは、他のBIG4に比べ、特にグローバル色が強く、キャリア開発の選択は、よりグローバルに行うことができます。

>>PwCコンサルティングとは?年収・プロジェクト事例を紹介

総合コンサルBIG4を徹底解説:KPMGコンサルティング

KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームであるKPMGジャパンのアドバイザリーを強化するために、設立されました。

KPMGコンサルティングは、主にビジネストランスフォーメーションやテクノロジートランスフォーメーション、リスクマネジメントをコンサルティングサービスとして提供しています。

KPMGコンサルティングの特徴としては、他のBIG4と比べると比較的新しく、人数が少ないです。そのため、風通りもよく、若手に巡ってくるチャンスも比較的多いため、若手にとっては、他のコンサルより早く実践経験を積むことができると言えます。

>>KPMGコンサルティングとは?年収・プロジェクト事例を紹介

総合コンサルBIG4を徹底解説:EYアドバイザリー

EYアドバイザリーは、世界150カ国に14万人以上のメンバーを持つEYの一員で、EYのグローバルネットワークを使い、海外展開を考える企業や日本に参入しようと考えている海外企業の支援をするクロスボーダー案件が多いです。

また、EYアドバイザリーでは、インテリジェント オートメーション(IA)を単なる自動化ソリューションではなく、あらゆるエマージングテクノロジーを活用した、業務自動化の戦略策定から導入・実行までの包括的なアプローチとして定義しました。

EYアドバイザリーは、IAの活用により、あらゆる場面において今までよりも速く、高い効果を得られるサービスを提供することができるようになりました。

EYアドバイザリーも体制自体は、最近できたばかりであるため、比較的ベンチャー企業に近い状態で、今まで蓄積してきた知見や海外の豊富な知見を得られるため、他のコンサルと比べると、若手が働きやすい環境となっています。

EYアドバイザリーは、成長期である比較的若い組織であるため、貴重な組織の立ち上げという瞬間を経験することができます。

>>EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングとは?年収・プロジェクト事例を紹介

総合コンサルに転職するには

起業家

BIG4などの総合コンサル転職するなら、転職エージェントへの登録をおすすめします。

転職エージェントは、転職先の相談から選考対策、転職後のサポートまで、キャリアコンサルタントが転職に関するサポートをしてくれるサービスです。

BIG4を始めとする総合コンサルに転職を考えるなら、まずは求人が集まっている転職エージェントに登録しましょう。

コンサル業界に転職するためのオススメ転職エージェント7選を読んで、転職エージェントごとの違いも理解すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、総合コンサルBIG4について紹介しました。

コンサルによって、様々な特徴があります。

総合コンサルは、今とても注目を集めているため、これからも成長していくことが予想されます。

そのため、採用人数も増えているため、一度総合コンサルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

>>コンサルファームの転職対策とは 未経験でもコンサルタントになれる2つのスキル

文:Agenda編集部